稲門医師会

活動報告(敬称略)

中野国際コミュニティプラザ見学と稲門会ウィーク

日時 :2017年9月27日(水)、12月11日(月)
場所 :中野国際学生寮(WISH)
参加者:中山久德、中條智美、後藤勝博
文責 :中條智美

保健センター事務局の後藤さんを介して色々なご縁がつながり、新たな母校の姿を見学させていただくことができました。2014年にOPENした中野国際コミュニティプラザにある学生寮、ここでは日本人学生(6割)と海外からの留学生(4割)800名以上が共同生活を送っています。

 今回SIプログラム(Social Intelligence Program、https://www.waseda.jp/inst/rlc/wish/siprogram/)の一環として、9/27に茶道体験を、12/11に稲門医師会の紹介と、学生生活における健康管理についてお話させて頂きました。

 初めての茶道体験は全ての所作が美しく、茶の湯の歴史も知れば知るほど面白く、身も心もシャキッとして生まれ変わったように感じました。「和敬清寂」の心を学生さん達と学びましたが、このような恵まれた環境に羨ましさを感じると共に、みなさんのキラキラした笑顔が印象的でとても嬉しくなりました。12月はSIプログラム初めての試みである稲門会ウィークに呼んで頂き、10名ほどの学生さんたちと交流してきました。中には医学部進学を考えている学生さんもおり、これからの若い世代に対して、私達が応援できることを微力ながらもしていきたいという思いを強くしました。