稲門医師会



早稲田大学校友会 稲門医師会 会則

(名称)

第1条  本会は、「早稲田大学校友会稲門医師会」と称する。

(目的)

第2条  本会は、会員相互の親睦と母校早稲田大学及び早稲田大学校友会の発展に寄与することを目的とする。

(事業)

第3条  本会の目的を達成するため、次の事業を行う。

(会員)

第4条  本会は、下記の一~四いずれかに該当し、原則、医師・歯科医師・看護師(保健師・助産師)・薬剤師である者を正会員とする。

第5条  医師・歯科医師・看護師・薬剤師の国家資格を取るために在学中の者を学生会員とし、国家資格を取得した時点で正会員とする。

第6条  正会員、学生会員のほかにサポーター会員と賛助会員を置く。サポーター会員は上記四師ではない医療関係者とし、第4条一~四いずれかの条件を満たす者で、会員の推薦により幹事会の承認を必要とする。

2 賛助会員は当会の主旨に賛同する団体および法人で、会員の推薦により幹事会の承認を必要とする。

第7条  総会には正会員と学生会員が出席できる。

(会費)

第8条  年会費を以下の通り徴収し、事業収入の一部及び早稲田大学校友会からの補助費を経費に充当する。

(会員情報)

第9条  幹事会は、会員の情報を管理し、当該年次稲門会運営の為にのみ利用し、本人の許諾なしに第三者へ情報を開示してはならない。幹事以外の者に開示する場合は、事前に本人の同意を得るものとする。

(幹事)

第10条  本会に、会長、副会長、幹事長、副幹事長、会計、顧問、その他幹事を置き、幹事会を構成する(対外的な呼称は理事とする)。また、幹事のほかに監事を置く。ただし、

2 幹事・監事は、会員のうち自薦・他薦の候補者から総会において選出する。

3 幹事・監事の任期は原則として総会から次の総会までの2年とし、再任を妨げない。

4 幹事・監事は合わせて25人までとする。

5 幹事は、以下の職務を行う。

(総会)

第11条  総会は、原則として年1回開催する。

2 総会の招集は、幹事会の議を経て、会長が行う。

3 総会の議長は、会長がこれにあたる。総会の議事は、出席者全員の過半数を以って決定する。

4 総会では、以下を審議し、議決する。

5 総会に関するその他の手続きは、必要に応じて、幹事会に於いて定める。

(予決算)

第12条  会計は、予算を作成し幹事会の承認を得なければならない。

2 会長は前項の予算を総会に提出し報告しなければならない。

3 本会の会計年度は、4月1日から翌年3月31日までとする。

4 会計は、毎年会計年度終了後、決算書を作成し、監事による監査を受け、幹事会における議決を経て総会に提出し、その承認を得なければならない。

第13条  本会則を改正するには、総会に於いて出席会員数の3分の2の同意を得なければならない。

(その他)

第14条  会員相互の政治、宗教等の勧誘活動並びに営業活動については、稲門会の趣旨に則り自粛すること。尚、万一問題が生じた場合は、幹事会に於いて適宜対応する。

附則

1 施行日 本会則は、2016年1月31日より施行する。

2 2年以上会費未納の者は、退会とみなすことができる。

3 この会則は、2017年1月29日より施行する。



稲門医師会とはに戻る